風炉 薄茶平点前の手順

裏千家茶道 風炉 薄茶平点前の手順を記載しております。

平点前は、基本の点前です。割り稽古で身に付けた基本の所作と、棗や茶碗、水指等のお道具の扱いが組み合わさったものです。
厳粛さを伴う濃茶とは違い、薄茶は主客とともになごやかな雰囲気のもとで行われます。

準備

炉に釜をかけて、釜の蓋の向こうを少し切っておく。
水指には八分目ほどの水を入れる。
茶碗に茶巾、茶筅、茶杓を仕込み、建水に蓋置と茶杓を仕込む。(蓋置は竹で、節が上程にある風炉用のものを用いる)


手順

客の席入りが終わると、客に菓子を運び、襖を閉める。

茶道口に坐り、水指を建付に置き、襖を開け、主客総礼をする。

両手の指をそろえてしっかりと水指を持ち、右膝から立ち上がり、敷居を右足でこし、畳の中央を進み道具畳に入り、右足から水指を置く方へ少し寄りながら定座に座り、水指を畳中央と釜の中心と平行して置く。

左膝から立ち、水屋にさがる。

棗を右手に持ち、茶碗を左手に持って運び、水指の正面に進んで坐り、水指の前に棗と茶碗を置き合わせる。

次に柄杓と蓋置を仕込んだ建水を左手に持ち、畳中央に進み、定座に坐り、手なりに建水を置く。(風炉の薄茶点前は襖を閉めない)

左手で柄杓の節の下を持ち、右手を添えて持ち直し、かまえる。

右手で建水の中の蓋置を取り、柄杓の内側を通り、取り出し、敷板の左角に置き、柄杓を上から右手で持ち直し、蓋置の上に合をのせ、膝前に向けてひく。

左手で建水を膝前の線まで進め、居ず前を正す。

茶碗を右手前、左真横、右真横と三手で扱い、を持ち替え、膝前中央の少し向こうに置く。

右手で棗を上から半月に取り、茶碗と膝の間に置く。

左手で腰の袱紗を取り、草にさばき、左手で棗を取り、棗を清め、棗を水指の前左寄り茶碗のあったあとへ置く。

袱紗を捌き直して左手に持ち、右手で茶杓を取り、三度拭き、棗の上に置く。

右手で茶筅を取り、棗の右側にあずけ、茶碗を手前に引き、袱紗を左手の人差し指と中指の間にはさみ、柄杓を右手で取り、左手で扱って、ふしを持ってかまえ、袱紗で釜の蓋を取り、蓋置きの上に置き、 袱紗を建水のうしろに仮置きする。

茶巾を取り、手なりに釜の蓋の上に置き、柄杓をとり、湯を汲み、茶碗に入れ、柄杓を釜の上に置き柄杓であずける。

右手で茶筅を取り、茶筅通し(二度あげ、三度打ち)し、茶筅を元の位置に戻す。

茶碗を右手で取り、左手に持ち替え、建水に湯を捨てる。

茶巾を右手で取り、茶碗を拭き、茶碗を下に置いて、茶巾を釜の蓋の上に置く。

右手で茶杓を取り、客に菓子をすすめ、左手で棗を取り、右手で蓋を取って、右膝頭に置き、茶を二杓ほどすくい、茶碗に入れ、茶杓を茶碗の縁で軽く打ち、蓋をして棗を元の位置にもどし、茶杓を棗上に戻す。

右手で水指の蓋の摘みを取り、左手で左斜め下を持ち、右手で左斜め上をもち、三手で摘みが右横になるようにして、水指の左横に立てかける。

柄杓を持ち、湯を汲み、茶碗に入れ、残りを釜に返し、切り柄杓で釜にあずける。茶筅を取り、泡が細かく立つように茶をたて、「の」の字を書くように静かに引きあげ、茶筅を元の位置に戻す。

茶碗を右手で取り左手のひらにのせ、茶碗を手前に二回回して、正面を客のほうへ向けて定座に出す。

正客が茶を一口喫すると袱紗を右手で取り、左手に打ちかえし、腰につける。

茶碗が定座に戻ると、右手で取り、左手にのせ、右手で膝前に置く。

柄杓をとり、湯を汲み、湯を茶碗に入れ、置き柄杓で釜にあずける。

湯を建水に捨て、正客から「おしまいください」と挨拶があれば、これを受け、茶碗を右手で下に置き、「おしまいいたします」と挨拶をする。

右手で柄杓を上から扱って取り、水を汲み茶碗に入れ、引き柄杓で釜にあずける。

茶筅通しをし(一度あげ二度打ち)、茶筅を元の位置に戻し、茶碗を右手でとり、左手に持ち替えて、建水に水を捨てる。

右手で茶巾を取り茶碗に入れ、茶筅をとじ目を上になるようにして茶碗に入れる。

右手で茶杓を取り、左手で建水を引き、袱紗さばき、茶杓を二度拭いて、茶碗にふせて置く。

袱紗を左手でにぎりこんだまま、右手で茶碗の右横に持ち、少し左のほうに寄せ、棗を右手で茶碗に置き合わせる。(これを中仕舞いと言う)

袱紗の茶粉を建水の上で払い、腰につけ、柄杓をとり、水指から水を汲み、釜に水を一杓さし、左手に柄杓を持ち、釜の蓋を閉める。

柄杓を蓋置の上に置き、水指の蓋を、右手で斜め上をとり、左手で左斜め下をもち、右手で蓋の摘みをもち、三手で閉める。

正客から、棗、茶杓の拝見の所望があれは、柄杓を右手で取り、左手で持ち替え、建水にふせる。

蓋置を右手で取り、左手で横から持ち、建水のうしろに置く。

茶碗を右手前、左真横、右真横と三手で勝手付に置き、棗を取り左手のひらにのせ、客付に回る。

棗を膝前に置き、袱紗をさばいて清め、蓋裏をしらべて、蓋を膝前に置き、棗の口を向こう、手前と袱紗で清める。

袱紗を握りこみ棗の蓋を閉め、袱紗を膝前に置き、棗を手前に二回回して正面を正し、右手で上から半月に持ち、定座に出す。

袱紗を腰につけ、居前に回り、右手で茶杓を取り、左手に持たせ、客付に回り、右手で棗の右横に出す。

柄杓を左手で取り右手に横一文字に持たせ、左手で蓋置を取り右手の親指、人差指、中指の三本で持ち、一膝勝手付に向き、建水を持ち、左足を立て立ち上がり、左足でこえて水屋にさがる。

再び席に入り、茶碗を右手で取り、左手のひらにのせ、右手を割って添えてもち、水屋にさがる。

続いて席に入り、水指正面に坐り、水指を両手でしっかりともち、茶道口に下がって坐り、水指を膝前に置き、襖を閉める。

客の拝見が終わるのを確認し、茶道口に座って襖を開け、席に入り、道具正面に坐り、正客からの棗と茶杓について問いに答える。

正客からの問いが終わると、右手で棗を上から半月に取り、左手のひらにのせ、右手で茶杓を取り、茶道口にさがる。

茶道口に坐り、棗を身体近くに置き、茶杓を建付に置き、主客総礼をし、襖を閉める。